Surface Pro 4レビュー感想評価評判:100%いや、200%

 

(この記事は約2年程前に書いたのを再掲載したものです。)
初代SURFACE PROはデカく、そのバッテリー寿命は短く、
キーボードは稚拙で、ディスプレイは平凡でした。
全体的な性能は平凡、なのに値段は高い。
だから当然ユーザーに良い評価を得ることは出来ず、
その売り上げも決して良いのものではありませんでした。
マイクロソフトはその時、諦めることもできたはずです。
創立以来、数十年間数々のプロジェクトを
放棄してきたように、SURFACE PROも。
でもマイクロソフトはサーフェスプロに限っては
意外にも根性がありました。
問題点を分析、修正し、SURFACE PRO2を
発売します。その次はSURFACE PRO3。
そしてSURFACE PRO4に至るまで、2年半、
平均すると8ヵ月毎に改善された新型SURFACE PROを
世に送り出しました。
SURFACE PROは目覚ましい発展を遂げます。

 

 

 

まずスペックから初代SURFACE PROとは比較になりません。
第3世代INTEL COREチップを搭載していたSURFACE PROに
対し、SURFACE PRO 4は第6世代型チップ(SKYLAKE)を
搭載しています。これは第4世代型チップ(HASWELL)を
搭載したSURFACE PRO 3と比べても大幅なアップグレードと
言えます。
また、キーボードのキー間隔やタッチパッドが
広くなりました。
ディスプレイはもっと大きく、高精細になっています。
ペンはより繊細に、基本ストレージは大幅に
増強されました。
けど、別にSURFACE PROシリーズだけここ数年間
発展したわけではありません。
市場には強力なライバルが沢山います。
同じくWINDOWS OSを採用したノートパソコン兼
タブレット製品も幾つかありますし、アンドロイドや
クロームOSを採用した優秀なデバイスも一杯あります。
そして何よりも、SURFACE PROシリーズの
影響をかな~~~り受けたと思われる
APPLEのIPAD PROは、SURFACE PROにとって
脅威的な存在に間違いありません。
果たしてこんな状況の中、MICROSOFTの
最新作であるSURFACE PRO 4は消費者を魅了し、
期待していた成果を出すことが出来るのでしょうか?
これから調べてみます。

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:スペック(仕様)

 

 

 

CPU:INTEL第6世代型(SKYLAKE)プロセッサー。M3/i5/i7
グラフィック:INTEL HD内蔵グラフィック
メモリ容量:4/8/16GB RAM
ストレージ:128/256/512GB/1TB
ディスプレイ:12.3インチ2736*1824ドット解像度
PIXELSENSEスクリーン(コントラスト比:1,300:1、
100% sRGBカラー、10点マルチタッチ対応、3:2画面比)
ポート:USB 3.0ポート、ミニディスプレイポート、
マイクロSDカードリーダー(UHS-I)、ヘッドホン/マイク端子
接続性:802.11ac WI-FI(2*2 MIMO)、Bluetooth 4.0
カメラ:8メガピクセル背面カメラ(オートフォーカス・1080p HD)、
5メガピクセル前面カメラ(1080p HD)
重さ(質量・重量):766g(CORE Mモデル)/786g(COREモデル)

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:デザイン

 

 

 

見た目に関しては前作と同じと言っていいくらいです。
2015年夏に発売されたSURFACE 3と殆ど変わっていません。
面積もほぼ一緒。でもやや薄く、軽くなってはいます。
(9.1mmから8.4mm, 800gから786g)
それでも残念なことに、SURFACE PRO 4はタブレットとしては
かなり大きい方です。
タブレットとしても、ノートパソコンとしても使える
2-IN-1デバイスだと宣伝してきたMICROSOFTも、
これ以上コンパクトには出来なかったみたいです。
しかし、ノートPCの部類に入れれば、
SURFACE PRO 4は非常にスリムな方に入ります。
だからタブレットとして使おうとこれを購入した人は
「でっけー!」と思うかもしれないし、パソコンとして
使おうとこれを購入した人は「ちっちゃ!」と
思うかも知れませんね。ま、結局は使い方によって
評価は変わると思います。
もしあなたがマンガを読むためだけにSURFACE PRO4を
購入しようとしているのなら、悪いことはいいません。
やめた方がいいです。IPAD MINIの方が遥かに
その目的にかなっています。
もしくはそれより値段の安いASUS MEMO PADや
NEXUS 7みたいなアンドロイドタブレットもあります。
勿論、サーフェスプロ4でマンガを見れないわけではないです。
ただ・・・ちょっと不便なだけです。

 

 

 

 

 

 

それでもSURFACE PRO4はパソコンとしても、
タブレットとしても利用できるように工夫された
数少ないハイブリッドデバイスの一つです。
ディスプレイは12インチから12.3インチに拡張しました。
厚みは9.1mmから8.4mmへ減っています。
ベゼルはより薄くなりましたが、掴む所はしっかり
残っています。ケースはオールメタルユニボディ。
ボタンの配置は前作と一緒です。
サーフェスプロ4を横に持った場合、
上左端に電源と音量ボタンが位置します。
これらは縦モードで持った時は右上端になります。
ま、こういうと複雑そうですが普通のタブレットと
同じなので混乱することはないでしょう。
右端にはUSBポートとミニディスプレイポートがあります。
縦モードにするとこれらは下部になります。
問題は左上端に位置するイヤホン/マイク端子。
縦モードにすると上右端に位置することになるのですが、
ちょっと、いや、かなり違和感があります。
コードをつなげて使ってみると大体の人は
線を目障りに思うはず。
横モードでは大丈夫ですが。(これも結構
上の方なので気になる人もいるかも)

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:タイプカバー

 

 

 

今までのタイプカバーはキーボードのキー間隔が狭く、
タッチパッドも小さい方でした。
しかし新しいタイプカバーは違います。キー間隔も、
タッチパッドのスペースも大分広くなりました。(特に縦)
バックライトもスペースが広くなったおかげで
各キー毎に点灯するようになっています。
より正確にタイピングできるようになったのは当然のことです。
若干カバー全体の厚みが増していますが、
そのお陰でより深いタイプ感を味わえるようになりました。
タイプカバーのクオリティはノートパソコンのキーボードと
ほぼ同レベルだと捉えても良い位です。
キーの触り心地も中々ですし。
装着方法は以前と同様、近づければ勝手に磁力でくっつきます。
平らにしても使えるし、少し持ち上げることも可能です。
こんなアップグレードされたキーボードなのにも関わらず
到底許し難い点は、これが別売りだということです・・。

 

 

 

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:サーフェスペン

 

 

 

サーフェスペン(SURFACE PEN)も改善されています。
SURFACE PRO 3のペンより感度は4倍まで向上し、
1024段階までの筆圧を検知出来るようになりました。
当然ペン入力はスムーズ。実の鉛筆みたいに
使えます。もう一つ印象的だったのが消しゴム部分。
これも本物の消しゴムみたいな感覚で利用できます。
ただ、ペンの性能自体は素晴らしいのですが、
全てのアプリがペン入力に対応してはいないという
問題点があります。
マイクロソフトが提供するEDGEやONENOTEのような
アプリは当然利用できたのですが、GOOGLEの
CHROMEブラウザでは全然使えませんでした。
大多数のゲームもペン入力をサポートしません。
更にペンを本体に磁力でくっつけられるように
なったのはいいことですが、その力が多少
弱い印象を受けます。
ちょっとのぶつかりでもすぐ落ちてしまいます。
・・・・・余分のペンを購入しておいた方がいいかも・・。

 

 

 

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:ディスプレイ

 

 

 

SURFACE PRO 4のタッチスクリーンはレスポンスが
速やかで高精細です。
普通のタッチでも、SURFACE PENの入力でも、
マルチタッチでも、何でも素早い反応を見せてくれます。
解像度は2160*1440ドット(216ppi)から
2736*1824ドット(267ppi)へアップされました。
(前作のディスプレイも好評だったので
そこまでする必要があったのかどうかはわかりませんが)
これはMACBOOK AIR 13インチ型(128ppi)よりも
遥かに高い数値で、IPAD PROをも微かに凌ぎます。(264ppi)
また、輝度が高くなり、カラーの精度も上がりました。
従って画像や映像は大変鮮やかであり、ゲームプレイは臨場感があります。
しかしここで忘れてはいけないのが、SURFACE PRO 4の
画面比が最近のデバイスではあまり使われない3:2比であることです。
だから16:9比率の動画を見る場合は黒い部分が通常より多きくなります。

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:スピーカー

 

 

 

サーフェスプロ4のスピーカーは小さいですが
その性能は立派です。ボリュームを最大にすると
うるさい程の音量が出ますし、なのにも関わらず
サウンドは歪みなく明瞭です。高音でも、低音でも。

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:性能

 

 

 

SURFACE PRO 4のスペックはメモリ容量の場合
最大16GBまで。ストレージの場合は1TBまで
選択できるようになりました。
でも基本モデルのCPUはむしろダウングレードしています。
CORE i3の代わりに今回内蔵された基本モデルの
CORE M3は基本クロックがたったの900MHzで、
グラフィック仕様も下がっています。
その代わりモバイル用チップなので
省電力性能が優れており、バッテリー寿命の向上には
役立ちます。が・・正直これはおすすめできませんね。

 

 

 

筆者がレビューしたのはそれよりも上の
モデルであるCORE i5-6300U、8GB RAM、
128GBモデルです。使ってみた感想はというと・・・
「サクサクやんか~~!」です。
このプロセッサーも省エネ型なので若干不安が
あったのですが、そのような心配は不要だったようです。
大体のアプリは快適に使えるでしょう。
ゲームも軽いゲームは勿論、3Dグラフィックが使用された
重いのも大丈夫でした。けど、SURFACE PRO 4は
どこをどう見てもゲーマー向けのデバイスではありません。
内蔵型グラフィックを採用し、グラフィック性能は
あまり高い方ではないので最新ゲームだと
グラフィック設定を調整する必要があるかも知れません。

 

 

 

 

 

 

また、マイクロソフトはサーフェスプロ4を
クリエイター向けだと主張しましたが、
デザイナーや動画編集者がこれを使って
満足するかは微妙です。
フォトショップを立ち上げてみたところ、
簡単な作業なら余裕だったのですが、
4K画像の編集などはカクカクしたので
結構しんどかったです。
ま、やろうとすればやれるんですが・・・。
不可能ではないですよ。
ちょっと気の短い筆者のような人はイライラするだけで。
プレミアもそう。普通のHD動画ならともかく、
高画質動画を編集しようとすると
動きが鈍くなるのが感じられます。
快適な環境とは到底言えません。
これを見てデザイナーさんたちがSURFACE PRO 4に
魅力を感じるとは思えないです。
本当にクリエイター向けと豪語するためには
より強力なパワーが必要に見えます。
カスタマイズでCPUをi7に上げるという方法もあります。
けど、ちょっとはマシになるかもしれませんが、
それほど大きい変化が生じるとは考えられないです。

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:バッテリー寿命

 

 

 

マイクロソフトは動画再生時のバッテリー駆動時間が
9時間に及ぶと発表しましたが、直接使ってみた感想は、
そこまではいかないかも、です。動画再生だけじゃなく、
ウェブ閲覧、ゲームなども含めあれこれやってみたのですが、
7~8時間程で力尽きてしまいました。
これに対する筆者の見方は二つあります。
まず、より高精細なディスプレイを採用したのに
むしろバッテリー寿命がPRO 3より延びたのは
素晴らしい・・という見方。何はともあれ、
他の一般ノートPCよりは優れたバッテリー性能と言えます。
そしてもう一つは、それでも仕事用として使うなら
一日一回の充電は必要ですし、ライバルであるAPPLEの
MACBOOK AIRや他のトップレベル・タブレットに比べると
短いのでガッカリ、という見方です。
無論、MACBOOK AIRの場合、低画質ディスプレイを
装備している点が大きく影響したと思いますが。

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:OS

 

 

 

WINDOWS 8や8.1はモバイル環境に適したOSでは
ありませんでした。しかし数カ月前にリリースされた
WINDOWS 10は違います。まだまだ改善すべき部分が多く、
完璧とは程遠いのですが、それでも遥かに
使いやすいモバイル環境になっています。
最初は新しいインターフェースに戸惑いを覚えたユーザーでも、
一度慣れれば、もうWINDOWS 8に戻りたくはなくなるはずです。
その中でもWINDOWS 10に新しく導入されたノートアプリ、
ONENOTEが大変便利なのが印象的でした。

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:価格(値段)

 

 

 

販売はマイクロソフトストアで行われています。
価格は・・・
128GB/INTEL CORE M3/4GB RAMモデルが134,784円(税込み、以下同)、
128GB/INTEL CORE i5/4GB RAMモデルが150,984円、
256GB/INTEL CORE i5/8GB RAMモデルが194,184円、
256GB/INTEL CORE i7/8GB RAMモデルが231,984円、
256GB/INTEL CORE i7/16GB RAMモデルが258,984円、
512GB/INTEL CORE i7/16GB RAMモデルが312,984円です。
アクセサリー等は楽天等でも購入可能です。

 

 

 

MICROSOFT SURFACE PRO 4レビュー(マイクロソフト・サーフェスプロ4)感想評価評判:結論

 

 

 

高っ!マジ高いっすよ。それにタイプカバー別売りなんて、
勘弁して下さいよ、マイクロソフトさん。
・・・・ハァー(溜息)
まぁ、値段は目眩がするくらいですが、SURFACE PRO4
製品自体はPRO3の確かなアップグレード版と言えます。
スペックがグンとパワーアップされたので
全体的なパフォーマンスは実に俊敏。(CORE-M3版以外)
タイプカバーのタイプ感はノートPCのキーボードに
匹敵するくらいですし、ペンはよりスムーズ、
ディスプレイは鮮やかで、スピーカーの音は綺麗です。
けど、やはり前作と同様、ポジションが微妙だという印象は
拭いきれません。先程述べたように、マンガを読むのが
主な目的なら軽くてコンパクトな普通のタブレットを
買った方が断然マシだと思いますよ。価格を考慮すると。
画像や動画編集など重い作業をしたり、ゲームを
ガンガン楽しみたい場合でも、よりパワフルな
最新ノートパソコンを購入すべきです。

 

 

 

なら、どんな人がSURFACE PRO4を手に入れるべきか。
まず、WORD, EXCELなどのWINDOWSアプリを主に
使用する人です。そして頻繁に移動する人。
この場合、学生さんとか、出張が多い会社員とか、
セールス営業をしている人が該当するでしょう。
MACBOOK AIRよりもコンパクトで軽い製品なので
そのような目的で新しいデバイスを
買おうとしている人にもピッタリです。
それにマイクロソフトが直接デザインしたものですから
外観を含め、完成度が非常に高いです。
全ての人にアピールする製品ではありませんが、
上の条件に合う人なら100%、いや、200%も
上手く活用できるはずです。
(記事作成日:2015年のある日)






*キャンペーン内容(年末まで)のお知らせ*

マイクロソフトストアでは以下のSurface端末をご購入で Surface Pro純正キーボード相当額(18,000円)を キャッシュバックしています。

Surface Pro プラチナ 第7世代インテル 128GB 4GB 99,800円

Surface Pro6 プラチナ 第8世代インテル 128GB 8GB 119,800円

Surface Pro6 プラチナ/ブラック 第8世代インテル 256GB 8GB 139,800円

そしてSurface Go端末の場合、全モデルが以前の 販売価格から6,000円値下げしており、 4000円のキャッシュバックもあります。

尚、Surface Book 2の場合、本体をご購入いただいた方に、 Surface ドック(25,400円相当)を1つプレゼントしています。






最新記事

Surface Go LTEモデルが11月29日発売、しかし・・

Surface Book 3の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報

Surface Laptop 2レビュー:SEXY!

Surface Pro 6レビュー:地球上にこれ以上の

Surface Pro 6対Surface Pro 5(2017)比較:違いは何?

Surface Pro 6対Surface Laptop 2対Surface Book 2比較:違いは何?

Surface Go VS iPad 9.7 2018比較

Surface Go VS Surface Pro比較

Surface Goレビュー:遠くにはいけないよ~

Surface Book 2レビュー:現最高のWindows機だけど・・

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptopレビュー:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studioレビュー:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017)レビュー:気軽にはおすすめできない

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

Surface Bookレビュー

Microsoftが13.5インチ画面のSurface Laptopを発表

SURFACE PRO 5の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Surface Pro 4レビュー:100%いや、200%





*スポンサードリンク*







ガジェットニュース

Pixel 4の発売日,予想,噂,最新情報

Pixel 3対Pixel 3 XL対Galaxy S9対Galaxy S9 Plus比較:違いは?

Pixel 3対Pixel 3 XL対iPhone XS対iPhone XS Max比較:違いは?

Pixel 3/Pixel 3 XLレビュー:性能は最強やけど・・・

新型iPhone(2019)の発売日はいつ?予想,最新情報まとめ

Galaxy Note 10(X)の発売日,価格,スペック,最新情報

Surface Book 3の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報

Surface Laptop 2レビュー:SEXY!

Surface Pro 6レビュー:地球上にこれ以上の

Surface Pro 6対Surface Pro 5(2017)比較:違いは何?

Surface Pro 6対Surface Laptop 2対Surface Book 2比較:違いは何?

iPhone XR対iPhone 8対iPhone 8 Plus比較:違いは?

iPhone XS対iPhone X比較:違いは何?

iPhone XS対Galaxy S9比較:違いは何?どっちがいい?

iPhone XS対iPhone XS Max対iPhone XR比較:違いは?どっちがいい?

Galaxy Note 9対iPhone XS Max比較:違いは何?どっちがいい?

Galaxy Note 9対Galaxy S9 Plus比較:違いは?どっちがいい?

Galaxy Note 9対Galaxy Note 8比較:違いは何?どっちがいい?

Galaxy Note 9レビュー:業界トップクラス

Apple Watch Series 4の全て!価格(値段),スペック(仕様),最新情報

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの全て!価格,スペック,最新情報

Surface Go VS iPad 9.7 2018比較

Surface Go VS Surface Pro比較

Surface Goレビュー:遠くにはいけないよ~

Surface Book 2レビュー:現最高のWindows機だけど・・

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Galaxy Note 9発表!発売日,価格,スペック,最新情報等

Galaxy S10の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Galaxy S9&S9 Plusの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ!

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

全体記事を見る





カテゴリー: 全体記事 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク