新型Surface Pro 2017(サーフェスプロ2017)レビュー感想評価評判:気軽にはおすすめできない

 

Microsoft Surface Pro 4(マイクロソフト・サーフェスプロ4)
今でも最高のウィンドウズタブレット兼ノートパソコンとして
知られています。しかし既に発売から2年になろうとしている今、
新しいサーフェスプロ製品を望むファンは少なくありません。
Surface BookやSurface Studioは発売されましたが
これらはSurface Pro 4の後継機とは言いづらいものでした。
そんな中、遂に!遂に!現れたのです。
新型のSurface Pro(2017年度版)が。
名称がSurface Pro 5ではなく、後ろの数字が消えていますが、
まぁそんなことどうでもいいことでしょう。とにかく、重要なのは!
新型サーフェスプロが登場したことです。これからじっくり
調べてみましょう。

 

 

 

新型Microsoft Surface Pro 2017(マイクロソフト・サーフェスプロ2017)レビュー感想評価評判:スペック(仕様)

 

 

 

OS:Windows 10 Pro, Office Home & Business PremiumプラスOffice365サービス
CPU:Intel第7世代Coreプロセッサー
グラフィック:Intel HD Graphics
ディスプレイ:12.3インチPixelSenseディスプレイ(2736*1824、267ppi)
面積:201.42*292.10*8.45mm
重さ(重量・質量):m3(768g)、i5(770g)、i7(782g)
ストレージ:128/256/512GB/1TB
メモリ容量:4/8/16GB

 

 

 

新型Microsoft Surface Pro 2017(マイクロソフト・サーフェスプロ2017)レビュー感想評価評判:デザイン

 

 

 

 

 

 

Surface Pro 4と比べて何が変わったのかを一目見て
分かる人は多分、いないでしょうね。
デザインは前作と殆ど一緒です。12.3インチディスプレイ、
3:2画面比、マグネットで繋がるキーボードコネクタ、
メタル素材、キックスタンド・・・。
モデルによって少しずつは違うものの、
面積も一緒で、重さ(重量・質量)もほぼ同じと
言っていいくらいです。
しかし変わっている点が全くないわけではありません。
その一つがエッジです。角がちょっとだけ丸くなりました。
そして通気口が本体の内側に若干移動しています。
ヒンジがもうちょっと柔らかくなり、本体をほぼ平らにまで
傾けることができます。
また、確認は出来ていませんが、マイクロソフト側の説明によると
前作よりケース素材が丈夫になったそうです。
これくらい・・でしょうか?他は殆ど一緒です。
USB 3.0ポート、ミニディスプレイポート、充電ポートが
右側面に位置しており、後ろ側にマイクロSDカードスロットの
姿が見えます。まぁ・・USB TYPE-CではなくUSB 3なのは
微妙な所だと思いますね。
Surface Pro 4が発売された頃にはあまり普及してなかったので
問題なかったのですが、今はTYPE-C端子を採用する製品は多いです。

 

 

 

新型Microsoft Surface Pro 2017(マイクロソフト・サーフェスプロ2017)レビュー感想評価評判:ディスプレイ

 

 

 

 

 

 

Surface Pro(2017)はSurface Pro 4と同じディスプレイを
装備しています。つまり12.3インチ型PixelSenseスクリーン、
解像度2736*1824ドット、267ppi、3:2画面比を
採用しているということです。最近では3:2画面比を
採用しているデバイスが多くなりましたが、それは多分、
文書やウェブページを読む際に16:9よりもカバー範囲が広く、
見やすいからでしょう。
その代わり動画を見る時には上下の黒い空間が広くなります。
マイクロソフトは今までずっとサーフェスプロシリーズに
トップレベルのスクリーンパネルを装備してきましたし、
このサーフェスプロ2017年度版も例外ではないです。
とても鮮明で、カラーが濃く、キレイな画面を提供します。
輝度も427nitsと高いので、明るい環境でも眩しく感じること無く
ちゃんと見れます。それにWindows 10の高解像度サポートにより
文字や画像がよりくっきりするようになっており、カラー精度も
高くなった様子です。全体的にサスガ、と評価できそうな
新型Surface Proのディスプレイです。

 

 

 

新型Microsoft Surface Pro 2017(マイクロソフト・サーフェスプロ2017)レビュー感想評価評判:性能

 

 

 

 

 

 

新型Microsoft Surface Pro 2017の性能はタブレット級じゃありません。
ノートPC級です。
筆者がレビューしたのはi7-7660U、16GB RAMモデルでしたが
すべての動作がサクサクであり、殆どの最新ゲームも問題なく
プレイできるなど、非常にパワフルな姿を見せてくれました。
去年レビューしたSurface Bookよりも一枚上の
パフォーマンスと言えそうです。なのにも関わらず
CPUの音以外騒音がなく、発熱も殆ど無いのが印象的でした。
予想していた通りパワーは素晴らしいので、
この性能に文句をつけるユーザーはそうそういないと思います。
ま、値段をみれば当たり前のことかもしれませんけど。
(ちなみにi7版と違ってM3、i5版はクーリングファンがないため
もっと静かだそうです。)
ただ、それでもゲームが主な目的の場合はこの製品の購入を
おすすめできません。グラフィック性能が普通だからです。
これからどんなゲームが発売されるかわかりませんし、
そのためグラフィック性能の強力な他のウィンドウズPCを
買った方が良いと思います。

 

 

 

新型Microsoft Surface Pro 2017(マイクロソフト・サーフェスプロ2017)レビュー感想評価評判:バッテリー

 

 

 

38ワットバッテリーを内蔵したSurface Pro 4と違って
Surface Pro 2017には45ワット電池が内蔵されています。
そしてサーフェスプロ2017はより電力効率の優れた
第7世代インテルコアプロセッサーを使用しています。
従って・・バッテリー寿命が伸びるのは当然のことです。
でも問題は、どのくらいなのか・・・でしょう。
その違いは結構はっきりとわかります。個人的には以前より
2~3時間程バッテリー駆動時間が長くなったと感じました。
ゲームや映画鑑賞などのハードな作業を一日中
やっていてもまだ残量が残っている場合があります。
しかもサーフェスプロは着脱式デバイスです。
他デバイスより不利な条件なのにこの発展は素晴らしいです。
これでサーフェスプロのバッテリーを他メーカーのタブレットと
比較しながら問題視する声は少なくなると思います。

 

 

 

新型Microsoft Surface Pro 2017(マイクロソフト・サーフェスプロ2017)レビュー感想評価評判:キーボード

 

 

 

タイプカバーキーボードの弱点を探すことは難しいです。
別売りな上に値段が高い、といったくらいでしょうか(あ、すぐ探せた)。
タイピングはただただ楽しい限りです。キー間隔は丁度良く、
さわり心地もよく、正確にタイピングできますし、
反応もスピーディーです。ラグは一切見られません。
最近発売されているノートPCのキーボードと何ら変わりないです。
トラックパッドもスムーズです。ちょうどよい具合の大きさで、
レスポンスも迅速です。マルチタッチジェスチャーも
滞りなく作動します。

 

 

 

新型Microsoft Surface Pro 2017(マイクロソフト・サーフェスプロ2017)レビュー感想評価評判:ペン

 

 

 

 

 

 

サーフェスペンが・・・入っていない。
入ってないんですよ。箱に。
いつの間にか別売りになっていました。とほほ・・。
既にサーフェスを持っていてSペンを持っている人なら
大丈夫でしょうけど初めて買う人なら慌てるでしょうねぇ。
ペンの性能自体はまた一段回アップグレードされた、そうです。
筆圧レベルが1024から4096に、何と4倍も
アップしました。それにハードウェアの向上、デザインの
変更により反応も一層速くなったといいます。関連動画を見たんですが、
どんなに速くペンを動かしてもしっかりついてきてくれます。
Surface Pro 4ではそうはいきませんでした。
このペンも弱点を見つけることは容易ではなさそうです。
別売りになったことを除けば(あ、またすぐ探せた)。

 

 

 

新型Microsoft Surface Pro 2017(マイクロソフト・サーフェスプロ2017)レビュー感想評価評判:価格(値段)

 

 

 

マイクロソフトストアで販売しています。
価格はモデルによって異なり、基本モデルである
128GB/Intel Core m3/4GB RAMモデルが114,264円(税込)
からです。タイプカバーは20,952円、Surfaceペンは
12,744円(共に税込)です。

 

 

 

新型Microsoft Surface Pro 2017(マイクロソフト・サーフェスプロ2017)レビュー感想評価評判:結論

 

 

 

新型Surface Pro 2017はSurface Pro 4の確かな
アップグレード版と言えます。より速くなり、
寿命が長くなり、静かになり、ペンも、キーボードも
改善されました。なのに気軽におすすめできないのは、
やはり高い値段のせいでしょう。Intel Core i7/16GB
モデルだと28万円ですよ!それにキーボードも、ペンも
買わなくてはならない。同じ予算でSurface Pro 4を
購入すれば、ペンは同梱されていますし、キーボード買っても
お金が余りますよ。勿論もっとパワーは弱くなりますが。
無論、Surface Pro 2017は買って後悔するような端末では
ありません。間違いなく現時点で最高のハイブリッドデバイスです。
けど・・・やっぱ値段を見ると気軽にはおすすめできませんね。
他のパソコンやタブレットと比較しながら検討してみてください。
(記事作成日:2017-06-25)






*スポンサードリンク*







最新記事

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptopレビュー:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studioレビュー:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017)レビュー:気軽にはおすすめできない

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

Surface Bookレビュー

Microsoftが13.5インチ画面のSurface Laptopを発表

SURFACE PRO 5の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Surface Pro 4レビュー:100%いや、200%





*スポンサードリンク*







ガジェットレビュー

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

格安スマホ比較へ行く





ガジェットニュース

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

Google Pixel 2の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報まとめ

Huawei Honor 9の日本発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

LG V30の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

ガジェット博士へ行く





カテゴリー: 全体記事 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク